Test Navi 通信

Test Navi 通信 49

Test Navi 通信 48

Test Navi 通信 47号

Test Navi 通信 46号

Test Navi 通信 45号

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


49号 特集:信頼性試験&テレワーク


技術レポ−ト   Technology Report
『二次電池の熱暴走による熱伝播評価試験について』
エスペック株式会社 テストコンサルティング本部 梶原 隆志、楊 皓
 

 二次電池は使用過程において、気候的、機械的及び電気的な乱用、またはバッテリー自身の劣化や製造欠陥による損傷に起因した内部短絡により、エネルギーは熱という形で急速に解放され、温度が急激に上昇することは熱暴走という故障が発生する可能性がある。熱暴走の発生はさらに連鎖的に隣接するセルに伝播し、バッテリーシステム全体の火災・爆発等問題を引き起こす要因となる。電池の高容量化により熱安定性が低くなる可能性や、大電流での使用による発熱の増大や隙間なく電池が配置されることによる放熱の疎外などによって、熱暴走の発生確率が高くなる深刻な問題として捉えられている。したがって、バッテリー熱暴走による熱伝播の安全問題はすべての市場に注目されている課題であり、産業機器、蓄電システム、自動車、鉄道及び航空機等市場において様々な国際規格が公布されている。本レポートは熱暴走による熱伝播の試験技術に焦点を当て、各規格の概略内容と試験事例を紹介する。  




技術レポ−ト   Technology Report
『HALTによるDCブラシレスファンの比較評価と機能試験での機械学習活用』
エスペック株式会社 テストコンサルティング本部 HALT販売促進グループ 藤本 恵一、前川 裕行
 

 HALTは製品に対する低温,高温,振動のステップストレス試験で稼働限界及び破壊限界を求め,製品仕様と比較することで稼働マージン及び破壊マージンを製品の強さの指標としている(図1参照)。
  限界値は,ストレス印可時に製品の動作が停止し,ストレスを取除いた状態で動作が復帰するストレス値を稼働限界,ストレスを取除いた状態でも動作が復帰しないストレス値を破壊限界としている。
 本報告はHALTによる可動部品の比較評価を行う目的でDCブラシレスファンを供試品とした。また,DCブラシレスファンの様な回転体の場合にはストレスの増加と共に回転数が徐々に変化することがあり,事前に回転数の閾値が設定されていない場合は,稼働限界の判断に困ることがあった。そこでDCブラシレスファンの機能試験ログデータを機械学習で処理することで,異常が発生又は変化するストレス値を稼働限界の判定に利用できるか確認することとした。
 なお,本文の内容は,2021年5月 日本信頼性学会主催「第29回春季信頼性シンポジウム報文集」にて報告した内容を一部追記,再構成したものである。




試験委託でもSDGs 〜 カーボンニュートラルの実現

「試験委託でもSDGs 〜 カーボンニュートラルの実現」の動画を公開しました。 全国5つの試験所内(宇都宮・豊田・刈谷・神戸・バッテリー安全認証センター)で実施するすべての受託試験サービスを、グリーン電力100%で提供することが可能となりました。



Topics    
マイナス75℃の保管に適した小口「超低温保冷庫」を発売
 
新型コロナワクチンのコールドチェーン体制に貢献する製品・サービスを拡充

新型コロナワクチンのマイナス75℃の小口保管に適した「超低温保冷庫」床置型・卓上型を発売しました。また、保冷剤凍結用装置のレンタルや温度ロガーの校正、保冷庫のバリデーションも開始し、新型コロナワクチンのコールドチェーン体制に貢献する製品・サービスを拡充します。詳しくは、コールドチェーンソリューション頁を参照ください。

熟成庫
   
 


Books   おすすめの技術書new
 

トヨタの日常管理板 チームを1枚!で動かす

 
トヨタの日常管理板 チームを1枚!で動かす  

 トヨタ自動車の底力(そこぢから)、決して、力業(ちからわざ)ではなく、チームメンバー1人1人が目標を本当に理解し、自ら実践していくにはどうすれば良いのか、1枚の「日常管理板」を使った、具合的な事例が紹介されている。
 しかも、どの事例も、難しい内容ではなく、日常業務での「気づき」から生み出される内容ばかりである。
 中でも、諸先輩方々の格言や実例も非常に奥が深く、人間観察としても面白い。眼から鱗の内容がどんどん出てくる。一番面白かったのは、「困らんやつほど、困ったやつはいない」。この意味は、「問題がないと思ってしまうことが最大の問題である」という意味で、実に本質を突いている。
 日常管理板は、あえてデジタルではなく、アナログで書き、「変化に気づく眼を養う」など、当たり前と思っていることをもう一度、見直すことで、業務改善につなげたい。



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス

<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)