Test Navi 通信

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


36号 特集:車載用二次電池


技術レポート   Technology Report
『車載機器の水はねによる耐性を評価するスプラッシュウォーター試験装置の開発』
エスペック株式会社 開発本部 榎 浩之,田中 秀樹,梁井 誠
 

 車載機器の使用環境による信頼性上の課題として、エンクロージャーの保護構造がある。特に、高密度実装化された車載実装基板では、エンクロージャー内への水の侵入はその信頼性を考えるうえで重要となる。その環境試験の一つとして、自動車関連規格や国際規格等にスプラッシュウォーター(水はね)試験がある。高温さらしと冷水の散水を100サイクル行う試験で、従来は恒温器と散水装置間の供試体の移動(転移)を人手で行っていた。本開発では一体化したことで試験の再現性を確保するとともに、高温さらしと散水のサイクルを自動化し試験期間の短縮を図った。本報告では、その試験装置の概要と試験規格に基づいた確認を行ったので報告する。
 なお、本文の内容は、2017年8月エレクトロニクス実装学会主催「第27回マイクロエレクトロニクスシンポジウム 秋季大会(MES2017)」にて報告した内容を一部追記、再構成したものである。




技術レポート   Technology Report
引張せん断試験中の温湿度環境が接着強度に与える影響評価
エスペック株式会社 事業開発部 菊池郁織、藤原遥、牧大輔、田中浩和
 

 近年、自動車やエレクトロニクス製品の軽量化などを背景とし、接着接合の用途拡大と品質や信頼性への要求も厳しくなってきている。
 そこで本稿では、当社製の万能試験機用恒温恒湿槽を用いて、引張せん断試験中の温湿度環境が両面接着テープの引張せん断強度に与える影響について調査したので報告する。




Topics スプラッシュウォーター試験のご案内
電子機器の使用環境による信頼性上の課題として、電気機器のエンクロージャーの保護構造があります。特に、高密度実装化された車載実装基板においては、エンクロージャー内への水の侵入はその信頼性を考えるうえで重要となります。
このような被水環境をシミュレートするために恒温器と散水装置を一体化し、人手を介さずに連続して試験できるLV124 準拠の試験装 置を神戸試験所に導入いたしました。
また、製品としてご提供することも可能です。  





HALT/HASSの紹介

当社はQualmarkの輸入総代理店としてHALT/HASSの国内販売を開始しました。

併せて、神戸試験所内 (神戸市北区) にHALT装置を設置し、受託試験も実施可能です。
お気軽にお問合せ下さい。 (問合せ先アドレス:halthass@espec.co.jp

Qualmark
 


レンタルサービスの紹介

PDFを開く

※1 レンタル本体料金が200万円以下は20万円分が割引、50万円以下は対象外となります。



 

水銀汚染防止法に関するお知らせの改訂

平成28年12月18日より水銀による環境の汚染防止に関する法律(水銀汚染防止法)が施行、明確ではなかった水銀含有製品の廃棄に関して平成29年6月9日に廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部が改正、平成29年10月1日より施行されました。

当社製品に使用している水銀使用部品は、「蛍光灯」「水銀リレー」「計装のバックライト」の3種類となります。
http://www.test-navi.com/jp/research/mercury/

尚、水銀汚染防止法の詳細については環境省のHPをご確認ください。

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law.html



サービス紹介

 

ISO/IEC17025認定校正(国際MRA対応)

環境試験器メーカーとして点検調整から校正証明書発行まで、一貫したサポートが可能です。

エスペックはJAB( 公益財団法人日本適合性認定協会)から温度試験槽、温湿度試験槽の校正機関として、ISO/EC 17025に基づく校正を行う能力を有していることを認定されました。
国際MRA対応の認定事業者であるエスペックの発行する校正証明書は、国内のみならず、海外でも受入れ可能です。
環境試験器メーカーならでは点検・修理にも対応します。



車載機器 国際規格・シリーズ試験

車載用機器、部品を対象にした
ISO16750、LV124規格試験をサポートします

車載用機器、部品のグローバルな調達において標準として広く利用されている国際規格ISO16750や、ドイツ自動車メーカーにより作成されたLV124規格。 当社の試験所はこれらの規格に規定された評価試験に対応します。
 


Topics   新製品紹介

new自動車・エレクトロニクス市場向け製品のラインナップ拡充
  ハイパワー恒温(恒湿)器ARシリーズ スタンダードタイプに器種追加

 

自動車・エレクトロニクス市場向け製品のラインナップ拡充。
ハイパワー恒温(恒湿)器ARシリーズ スタンダードタイプに新たに220L・390Lの器種(湿度制御あり/なし)を4器種追加しました。

   
製品の特長のご確認
   
詳細な仕様のご確認

Books   おすすめの技術書new
 

Motor Fan illustrated VOL.46−自動車のLIFE− 2010/7/15

 
トヨタ式未然防止手法GD3―いかに問題を未然に防ぐか  

本書の特集では、自動車のLife(=耐久性・寿命)がどのようにしてつくられているのかを国内外の関係各社への現地取材を基に、現場写真/図がふんだんに掲載されています。ボディ/エンジン/エンジンオイル/ピストンリング/バッテリー/ホース/塗料など、実例が細かく紹介されています。中でも「Chapter1自動車としてのLIFE」では、メルセデスベンツでの開発テストを例に、代表的な耐候性テスト、耐食性テスト、ベンチテストの事例を写真と共に紹介されています。



Topics エスペックオンラインコア

<環境試験器を複数台お使いの方にお勧めする集中管理システム >

既設のイントラネットに接続するだけで、Webブラウザーから環境試験器の
稼働状況が一目でモニターできます。

オプション「試験管理拡張パッケージ」では、エスペック装置の試験データ
保存や試験進捗をモニターできる機能がご利用いただけます。


 



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス


<更新情報>
〇「エスペックオンラインコア」のバージョンアップファイルを掲載しました。
〇「エスペックオンラインコンバーター」のバージョンアップファイルを掲載しました。 。


<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)