Test Navi 通信

Test Navi 通信 59

Test Navi 通信 58

Test Navi 通信 57

Test Navi 通信 56

Test Navi 通信 55

Test Navi 通信 54

Test Navi 通信 53

Test Navi 通信 52

Test Navi 通信 51

Test Navi 通信 50

Test Navi 通信 49

Test Navi 通信 48

Test Navi 通信 47号

Test Navi 通信 46号

Test Navi 通信 45号

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


59号 輸送時の振動周波数と加速度に着目したタンパク質医薬品凝集の解析


技術レポ−ト   Technology Report
『輸送時の振動周波数と加速度に着目したタンパク質医薬品凝集の解析』
大阪大学大学院工学研究科 生物工学専攻 高分子バイオテクノロジー領域 城 慎二* /鳥巣 哲生/内山 進 *大鵬薬品工業(株)製剤研究部
 

 免疫原性の原因になり得る、タンパク質医薬品の凝集体は振動によっても生じる。本研究では、輸送時を想定した振動によるタンパク質凝集体生成について評価した。TRE-200を用いた振とう試験の結果、凝集体生成の有無を決める振とう周波数と加速度の境界線が存在することが示唆された。この境界は、振とうによって発生する気液界面の動きに関連すると考えられた。本研究は、タンパク質医薬品の輸送時の凝集(品質低下)リスクの低減に貢献すると期待される。



技術解説   Technology Report
『行政における蓄電池産業に対する取り組み』
エスペック株式会社 上席顧問 名古屋大学未来社会創造機構 客員教授 経済産業省「蓄電池産業戦略推進会議」有識者委員 工学博士 佐藤 登
 

 グローバル競争が進む自動車の電動化と車載電池の事業。海外では車載電池への国を挙げた投資が活発で事業が加速した。一方、日本では2021年後半まで電池産業に対する国の支援は一切なかった。筆者はその状況を経済産業省に説明し、いろいろな側面で提言してきた。2021年11月を機に、国の正式な支援が始まったこと、全固体電池に集中投資を想定していた同省の政策に対しても異論を唱えるなど、政策転換を促したのも事実である。
 そういう経緯を踏まえて、現在は官民一体となった車載電池産業の強靭化に向けた協議が進む。他に、愛知県も電池特区を目指した行政の関与は今後の電池産業にとって大きな追い風となろう。




栃木県宇都宮市「バッテリー安全認証センター」の試験設備を増強 EV用リチウムイオン電池の安全性試験の需要拡大に対応

EV用リチウムイオン電池の安全性を確保するための試験需要に対応するため、「バッテリー安全認証センター」(栃木県宇都宮市)の試験設備を増強しています。

 


2025年、愛知県に新試験所“次世代モビリティテストラボ(仮称)”を開設最先端車載用バッテリーの安全性試験に対応

エスペックは2023年8月、愛知県常滑市に土地(7,500m²)を購入し、最先端の車載用バッテリーの安全性試験に対応する新試験所の建設に着手しました。新試験所"次世代モビリティテストラボ(仮称)"は、2025年2月に開設予定です。

新試験所“次世代モビリティテストラボ(仮称)”の特長

1.最先端の車載用バッテリーの安全性試験に対応
・最新の試験設備を導入し、大型化・高容量化が進む車載用バッテリーの安全性試験に対応
・コンクリート構造の安全性試験室3室や、自動車が1台入る大型の試験室を用意
・全固体電池の試験にも対応

2.国連規則ECE-R100をはじめとする各種国際規格に対応
・提携先の世界的な第三者試験認証機関であるテュフズードジャパン株式会社と連携し、
 バッテリーパックの国連規則に対応した安全性試験・認証のワンストップサービスを提供
・国連勧告輸送試験UN38.3や中国のGB規格など各種規格に対応
 【減圧試験、熱衝撃試験、落下試験、外部短絡試験、過充電保護、過放電保護、過昇温保護、釘刺し試験など】

 


Books   おすすめの技術書new
 

現場で役立つ材料試験 環境試験 試験方法や装置構造をわかりやすく解説

 
現場で役立つ材料試験 環境試験  

 生活を便利にしてくれる機械や構造物は、様々な材料で構成されていますが、設計・製作で十分な強さや寿命を確保し、経済的な材料を選択するためには、材料の特性を測定するための材料試験が欠かせません。また、製品の使用環境や輸送環境など想定される環境下における信頼性を確認するためには、環境試験が不可欠です。
 本書では日本試験機工業会発行の広報誌『TEST』に掲載された材料試験・環境試験に関わる記事から選出、 または内容をわかりやすく再構築された記事が分野ごとに掲載されており、それぞれの試験の基本情報や装置構造などを知ることができます。
 素材や部品、電気電子機器、自動車など機械・電気関係の設計や品質管理の現場の技術者に参考となる1冊です。



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス
 

<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)