Test Navi 通信

Test Navi 通信 58

Test Navi 通信 57

Test Navi 通信 56

Test Navi 通信 55

Test Navi 通信 54

Test Navi 通信 53

Test Navi 通信 52

Test Navi 通信 51

Test Navi 通信 50

Test Navi 通信 49

Test Navi 通信 48

Test Navi 通信 47号

Test Navi 通信 46号

Test Navi 通信 45号

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


58号 全天候型試験装置を用いたカメラや無線アンテナの動的気象環境の影響評価


技術レポ−ト   Technology Report
信頼性に関する評価・解析の現状と機械学習の活用について
エスペック株式会社 開発本部 藤本 恵一
 

 製品の設定寿命や安全性を確保することは必須であり、そのために製品開発プロセスの中で長期の信頼性評価を行い、問題が無いことを確認しているのが現状である。しかし、近年では製品開発サイクルの短期化や車載電子機器など対する評価の長期化などが、製品開発期間に影響を及ぼしている。ここでは加速試験の現状とさらなる試験時間短縮の候補として、機械学習による試験結果の評価・予測などを紹介する。
 なお、本文の内容は、一般財団法人 KEC関西電子工業振興センター発行の情報誌「KEC情報」No.262(2022年7月発行)にて掲載した内容を一部追記、再構成したものである。




IoT・自動車分野にて活用が進む最先端半導体の検査時間を短縮高発熱負荷対応「バーンインチャンバー」をラインアップ

温度環境下における半導体パッケージや実装基板の反り変形を可視化する熱変形計測システムを開発し、2024年1月より販売ならびに計測サービスを開始しました。

■熱変形計測システム 用途例
・実装基板の反り変形箇所の特定と熱対策
・熱サイクル試験時の熱変位量の確認
・熱設計シミュレーション(CAE)の検証
・樹脂モールドデバイスのひずみ分布の計測
・異種複合材料のひずみ計測

■熱変形計測システム 概要
卓上型無風恒温槽と3次元デジタル画像相関法(3D DIC)を組み合わせ、温度環境下における実装基板の反り変形を可視化するシステム。卓上型無風恒温槽の窓方向に対し、GOM社製3D DICを設置することで温度を変化させた時の反り変化量を精度良く計測することが可能。

製品紹介頁はこちら


Books   おすすめの技術書new
 

信頼性物理 物理・化学モデルに基づく信頼性検証技術

 
信頼性物理 物理・化学モデルに基づく信頼性検証技術  

 故障解析や信頼性試験は、半導体デバイス・情報機器・自動車など技術分野毎に特化したノウハウや知識が重要ですが、新しいテクノロジーに対応する際、過去のデータや経験だけでは十分ではないことがあります。そのような場合、故障現象の原理原則に立ち返って考察することで解決の糸口となる可能性があります。
 本書では故障に至る代表的な加速因子として温度、湿度、応力が挙げられ、各因子の物理的意味とそれぞれの故障メカニズムに対する物理的影響、各因子で促進される故障メカニズムを構成する物理的・化学的現象および反応について解説されています。
 信頼性課題を考察する上で参考となる内容で、信頼性技術者だけでなく、研究・開発・設計・製造に携わる技術者にもぜひ読んでいただきたい書籍です。



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス
○槽内監視カメラ用アプリケーション(ES_ImageFit_Ver2.0.0)のバージョンアップファイルを掲載しました。 new
 

<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)