Test Navi 通信

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


37号 特集:HALT


技術レポート   Technology Report
『車載機器の水はねによる耐性を評価するスプラッシュウォーター試験装置の開発』
エエスペック株式会社 ピエ ラファエル, 平田拓哉, 河合秀己, 青木雄一/株式会社先端力学シミュレーション研究所 大浦賢一, 小池邦昭
 

 HALT(Highly Accelerated Limit Test)は、開発設計の上流工程で活用され、短時間で評価結果が得られることから、設計条件を短期に改善できる。しかし再評価のために試作と再試験を繰り返すことになる。そこでHALTをシミュレーション化して効率的な評価を行うことが望まれる。またHALTのストレスと故障メカニズムは複雑なため、試験結果の妥当性を物性的に証明することも望まれる。本報告ではこれらについて、シミュレーションによる検証結果を報告する。




技術レポート   Technology Report
HALTにおけるストレスの効果(ランダム振動試験および温度サイクル試験との比較)
エスペック株式会社 ピエ ラファエル,  平田拓哉, 河合 秀己, 青木 雄一
 

 HALT(Highly Accelerated Limit Test)は、厳しいストレスを与え、短時間で製品の相対的な弱点を検出する加速試験である。
 本報では、アルミ電解コンデンサー実装基板を用い、従来のランダム振動試験を実施した。この試験結果をHALTの振動ステップ試験と比較し、故障モードの差異や類似性について検討した。その結果、HALTでは、従来の信頼性試験で確認できなかった弱点を短時間で検出した。
 また、表面実装部品を対象にHALTと温度サイクル試験の相関性について比較検討した結果についても報告する。
 なお、本文の内容は日本信頼性学会 2017年11月第30回秋季信頼性シンポジウム「HALTにおけるストレスの効果その3 従来信頼性試験との比較」及び、2018年6月第26回春季信頼性シンポジウム「HALTにおけるストレスの効果その4ランダム振動試験との比較」の内容を追記、再構成したものである。




技術レポート   Technology Report
現場で役立つ信頼性技術(前編)
(元パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステム社(AIS社)インダストリアル品質保証センター長) IGQクリニック 石川 保
 

 最近の日本での信頼性問題状況を見るとIEC 60050での「総合信頼性」に絡む問題やバスタブカーブでの信頼性改善活動に絡む問題などが散見される。本稿では、日本の製造メーカでの信頼性設計〜評価〜保証活動の現場で何が起きているか、欧米/中国メーカとの違いは何か などを具体的な内容4件(<1>質的加速試験は日本で根付くか?、<2>特異故障現象は撲滅されたか?、<3>システム信頼性とIoT技術との関係、<4>欧米や中国の現場での信頼性技術進展と日本)に絞って「現場で役立つ信頼性技術」の観点から述べる。




Topics スプラッシュウォーター試験のご案内
電子機器の使用環境による信頼性上の課題として、電気機器のエンクロージャーの保護構造があります。特に、高密度実装化された車載実装基板においては、エンクロージャー内への水の侵入はその信頼性を考えるうえで重要となります。
このような被水環境をシミュレートするために恒温器と散水装置を一体化し、人手を介さずに連続して試験できるLV124 準拠の試験装 置を神戸試験所に導入いたしました。
また、製品としてご提供することも可能です。  





HALT/HASSの紹介

当社はQualmarkの輸入総代理店としてHALT/HASSの国内販売を開始しました。

併せて、神戸試験所内 (神戸市北区) にHALT装置を設置し、受託試験も実施可能です。
お気軽にお問合せ下さい。 (問合せ先アドレス:halthass@espec.co.jp

Qualmark
 


レンタルサービスの紹介

PDFを開く

※1 レンタル本体料金が200万円以下は20万円分が割引、50万円以下は対象外となります。



 

水銀汚染防止法に関するお知らせの改訂

平成28年12月18日より水銀による環境の汚染防止に関する法律(水銀汚染防止法)が施行、明確ではなかった水銀含有製品の廃棄に関して平成29年6月9日に廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則の一部が改正、平成29年10月1日より施行されました。

当社製品に使用している水銀使用部品は、「蛍光灯」「水銀リレー」「計装のバックライト」の3種類となります。
http://www.test-navi.com/jp/research/mercury/

尚、水銀汚染防止法の詳細については環境省のHPをご確認ください。

http://www.env.go.jp/chemi/tmms/law.html



サービス紹介

 

ISO/IEC17025認定校正(国際MRA対応)

環境試験器メーカーとして点検調整から校正証明書発行まで、一貫したサポートが可能です。

エスペックはJAB( 公益財団法人日本適合性認定協会)から温度試験槽、温湿度試験槽の校正機関として、ISO/EC 17025に基づく校正を行う能力を有していることを認定されました。
国際MRA対応の認定事業者であるエスペックの発行する校正証明書は、国内のみならず、海外でも受入れ可能です。
環境試験器メーカーならでは点検・修理にも対応します。



車載機器 国際規格・シリーズ試験

車載用機器、部品を対象にした
ISO16750、LV124規格試験をサポートします

車載用機器、部品のグローバルな調達において標準として広く利用されている国際規格ISO16750や、ドイツ自動車メーカーにより作成されたLV124規格。 当社の試験所はこれらの規格に規定された評価試験に対応します。
 


Topics   新製品紹介

new熟成庫

 

様々な食材や加工品を熟成させるには、周囲の温湿度環境を適切に管理することが重要です。 エスペック独自の温湿度制御方式により、熟成に最適な低温高湿領域や最適な風速(微風)を、高精度に長期間、連続運転することが可能です。
0℃/90%rhといったドライエイジングビーフ(熟成肉)を製造するための温湿度条件も、長期連続運転が可能で、均一な環境制御で庫内のどこでも熟成が進み、庫内食材の位置替え作業などの手間が省けます。 設定温度を正確に管理することで、余計な細菌の繁殖を抑制させることが出来ます。
また、食品に安心・安全な材質設計に加え、定期清掃時に使用する庫内殺菌モード(85℃1時間の温度運転)により0-157・ノロウイルス菌を死滅させます。

熟成庫
   
熟成庫のご紹介
   
エスペッククリヤラボのご紹介

newハイパワー恒温(恒湿)器 ARシリーズ
  急速温度変化タイプの機種を追加

 

ご好評いただいておりますハイパワー恒温(恒湿)器ARシリーズ急速温度変化タイプに温度変化率5℃/分の機種を追加いたしました。

高度加速寿命試験装置
   
製品の特長のご確認
   
詳細な仕様のご確認


Books   おすすめの技術書new
 

失敗学 実践編

 
トヨタ式未然防止手法GD3―いかに問題を未然に防ぐか  

既に紹介済の「失敗学」の続編で、より実践にフォーカスを当てている。一般的な問題解決手法で、何故、解決に至らなかったのか、実際の例を元に問題点を解き明かし、どうすれば、解決できるか具体的なアドバイスが随所に書かれている。  著者は、日本語のあいまいさを紹介すると共に、最終的に「マニュアルを作成した」「チェックシートで確認する」「ルール化する」などで終わってしまっていてはダメだと強く主張する。マニュアルやチェックシートが増えすぎたり、有効な解決手法を用いながら、十分に活用できず問題解決できなかった読者に特におすすめしたい。



Topics エスペックオンラインコア

<環境試験器を複数台お使いの方にお勧めする集中管理システム>

イントラネットに接続した環境試験器の稼働状況を、PCのWebブラウザでモニターができます。
エスペック装置の試験データを自動保存し、 試験レポートを自動作成することができます。(オプション)

・大容量の試験データを保存
・試験データの自動転送
・試験レポートの自動作成


 



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス


<更新情報>
〇「エスペックオンラインコア」のバージョンアップファイルを掲載しました。


<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)