Test Navi 通信

Test Navi 通信 45号

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


29号 特集:リチウムイオン電池


Opiion
寄稿記事 リチウムイオン電池の成長経緯と今後の展望
旭化成株式会社 顧問 吉野 彰

リチウムイオン電池(LIB)とは “カーボン材料を負極活物質にし、リチウムイオン含有遷移金属酸化物(LiCoO2)を正極とする非水系二次電池”のことである。このリチウムイオン電池は携帯電話。ノートPCなどのIT機器の電源として広く用いられてきた。さらに現在では電気自動車などへの応用が始まってきており、次の時代を迎えようとしている。このリチウムイオン電池の成長経緯と今後の展望について述べる。

キーワード: リチウムイオン電池, エネルギー密度, IT変革, ET変革, 電気自動車, 環境規制, 無人自動運転技術, 無人タクシー, 革新電池



筆者 プロフィール


吉野 彰

2003年10月      旭化成株式会社 フェロー

2005年 8月      旭化成株式会社 吉野研究室室長

2016年 8月現在   旭化成(株)顧問
             技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター理事長
             九州大学エネルギー基盤技術国際教育研究センター客員教授

  吉野 彰



技術レポート   Technology Report
電池関連業界を巡る協業ビジネスモデル

エスペック株式会社 上席顧問 名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授 工学博士 佐藤 登
 

日本の産業界、とりわけ自動車業界、電機業界、電池業界、化学業界等々、これまでは海外の企業との協業や合弁設立などに関して、決して積極的ではなかった。これは、相手と組まなくても独自で事業展開ができてきたというようにも表現できる。
 しかし、例えば業界としては強みをもっている自動車業界でも、上記の点で大きな変化が出ている。電動化や自動運転などビジネスモデルが多岐にわたる、あるいはこれまで以上にコストを下げなくてはならないなど多くの課題が出てきていることが背景にある。
 一方で、海外企業との協業は文化や考え方の相違からうまく進まないケースもあり、日本国内間での協業に比べたら、ハードルは数段高いと言える。うまく進めるようにするためには、失敗の事例などを分析してみることも必要である。




レンタルサービスの紹介

長期レンタルでは、3年目以降に解約金が不要となるサービスを開始しました。

先行き不透明な市場環境の中で、試験器は必要だが3年後、5年後にどうなるか分からないため購入申請が通らないことはございませんか。
そういうお客様に、5年レンタル契約していても3年目で解約すれば、お支払いが3/5で済む商品を新たに提案致します。

【以下のようなお客様に最適です】
◆プロジェクトメンバーの方:期間限定で、プロジェクト終了後は不要となる。
◆新規事業を任されている方:事業の拡大次第で、将来にリスクを伴う。
◆購入申請が通らなかった方:設備が不要となれば途中でやめ易くなるので、承認のハードルが下がる。
◆古い装置でお困りの方:月々少額の支払いで、最新機種を導入したい。修理費捻出に困っている。

レンタル料金例


サービス紹介

 

ISO/IEC17025認定校正(国際MRA対応)

環境試験器メーカーとして点検調整から校正証明書発行まで、一貫したサポートが可能です。

エスペックはJAB( 公益財団法人日本適合性認定協会)から温度試験槽、温湿度試験槽の校正機関として、ISO/EC 17025に基づく校正を行う能力を有していることを認定されました。
国際MRA対応の認定事業者であるエスペックの発行する校正証明書は、国内のみならず、海外でも受入れ可能です。
環境試験器メーカーならでは点検・修理にも対応します。



バッテリー安全認証センターのご案内

バッテリー安全認証センター 世界初!バッテリー安全認証センターを開所
プレ試験から本試験、そして認可申請まで完全サポートいたします (国連規則 ECE R100-2.Part供法
開発評価試験や限界試験から規格適合試験まで幅広くサポートいたします。
セルからモジュール、そしてパック電池まで開発の進展にあわせ充実サポートいたします。

また、二次電池への高精度、高品質の要求にこたえる評価試験のひとつとして行われる「充放電サイクル試験」をご紹介しています。
 
テュフズードジャパン株式会社と業務提携
車載用バッテリーパックおよびモジュールならびにエネルギー貯蔵装置に関する安全性試験、試験コンサルティング、認証サービスの提供において業務提携しました。
これにより、バッテリー安全認証センターにおいて、テュフズードジャパン株式会社の協力のもとで国連協定規則「UN ECE-R100. Series2 Part.供彗弍の試験・認証サービスをワンストップで提供します。



Topics   イベント紹介
●2016年の展示会のご案内
 2016年に予定されている展示会のご案内を掲載しています。
 新しい情報は随時更新いたします。ぜひお気軽にお越しください。

 詳しくはこちら

Books   おすすめの技術書
 

自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション

 
自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション  

車の「自動運転」が実現された場合の影響は、単に自動車産業周辺にとどまらず、社会や個人生活を大きく変える破壊的イノベーションが起こります。例えば、車が個人所有でなく共用され、事故が低減するなど、産業構造が大きく変わります。この「自動運転」という破壊的イノベーションをチャンスに変えるため、国内自動車メーカをはじめ、グーグル社なども参入し、世界市場での、生き残りをかけた競争に打ち勝つための、多種多様な技術開発と戦略提言が、多数紹介されています。また関連事項で、将来、電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)、燃料電池車(FCV)の何が主流となるかの予測も非常に興味深い内容です。



Topics

新コンテンツ

Test(試験する) ネットワーク

<エスペックオンラインコア オプション「試験管理拡張パッケージ」商品紹介>

2016年4月、集中管理システム「エスペックオンラインコア」にオプション「試験管理拡張パッケージ」を発売いたしました。
オプションによりご利用いただけるエスペック装置の試験データ保存や、試験進捗のモニター機能などをご紹介いたします。



 



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス


new<更新情報>
○パターンマネージャーLiteのバージョンアップファイルを掲載しました。
○取扱説明書の閲覧・ダウンロードいただける対象製品に、「冷熱衝撃装置 TSD-101-W」が増えました。


<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)