Test Navi 通信

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


28号 特集:信頼性試験


Opiion
寄稿記事 電子回路の耐用寿命推定の考え方
M.A 信頼性技術オフィス 代表 本山 晃
 

昨今の電子応用商品の短寿命問題に関して、今回改めて電子回路の耐用寿命を予測する方法を事例を挙げて解説した。
具体的にはまず寿命予測のためのステップを図示した。最初に顧客の期待寿命(使用時間)に対する許容の累積故障確率即ち寿命目標値を設定した。
次に電子回路に搭載している電子部品の中で目標値を下回るもの、或いは同程度の部品を机上で推定した。推定には予め保有している各故障モード毎の加速式を用いて行った。ここで、抽出された短寿命と推定された部品に対して、改めて加速寿命試験を行い寿命予測を行った。今回はフィルムコンデンサを事例に浸入した湿気による水分と印加電圧による電極(フィルムの上の蒸着電極)の陽極酸化で容量が低下する事象をアイリングモデル式を用いて寿命を予測した。
最終的に、抽出した電子部品の寿命予測結果とはんだ接続部および基板の寿命予測結果を合わせて電子回路の寿命予測を行った結果、寿命目標値に到達しない炭素皮膜抵抗をメタルグレーズ皮膜抵抗に変更して目標値をクリアできた。




技術レポート   Technology Report
国際保護等級に適合した高圧蒸気洗浄噴射(IPX9K)試験装置の開発

エスペック株式会社 開発本部    榎浩之 山内悟留 梁井誠 田中浩和
 

電子機器の使用環境による信頼性上の課題として、電気機器のエンクロージャーの保護構造がある。特に、高密度実装化された車載実装基板においては、エンクロージャー内への水の侵入はその信頼性を考えるうえで重要となる。
本報告では、被水環境をシミュレートするため、恒温器と高圧噴射モジュールを組み合わせたIPX9K(高圧蒸気洗浄、ISO20653/JIS D 5020)準拠の試験装置を開発し各種検証を行ったので報告する。
なお,本文の内容は,「第30回 エレクトロニクス実装学会 春季講演大会」にて報告した内容を一部追記,再構成したものである。




製品紹介

冷熱衝撃装置TSD
 

いつもの操作がより快適に

MIL・IEC・JASOなど国内外の規格試験にジャストフィットした2 ゾーン式の冷熱衝撃装置TSDにN計装を搭載しました。

カラーLCDタッチパネルの画面は、LEDバックライトを採用した7インチワイド画面。より鮮明で、表示速度も向上しています。

標準装備のEthernetポート(LANポート)に接続することで、試験器と離れた場所にいながら、PC、タブレットなどのブラウザーで監視、運転の開始/停止ができます。

温湿度データを外部メモリーに出力でき、Test Navi製品会員専用サイトからPCアプリケーションをダウンロードするとPC上でデータを確認、編集することができます。



サービス紹介

 

ISO/IEC17025認定校正(国際MRA対応)

環境試験器メーカーとして点検調整から校正証明書発行まで、一貫したサポートが可能です。

エスペックはJAB( 公益財団法人日本適合性認定協会)から温度試験槽、温湿度試験槽の校正機関として、ISO/EC 17025に基づく校正を行う能力を有していることを認定されました。
国際MRA対応の認定事業者であるエスペックの発行する校正証明書は、国内のみならず、海外でも受入れ可能です。
環境試験器メーカーならでは点検・修理にも対応します。



エナジーデバイス環境試験所のご案内

エナジーデバイス環境試験所 世界初!エナジーデバイス環境試験所を開所〜エナジーデバイス(太陽電池、二次電池、パワー半導体)の信頼性試験・安全性試験に特化した受託試験所を宇都宮試験所内に新設しました。発電・蓄電・制御デバイスの全てを評価できる世界初の試験所です。自社開発による最新設備をラインアップし、お客さまのご要望に対応します。


また、新たに開発した製品「二次電池(パック用)外部短絡試験装置」をご紹介しております。
 
テュフズードジャパン株式会社と業務提携
車載用バッテリーパックおよびモジュールならびにエネルギー貯蔵装置に関する安全性試験、試験コンサルティング、認証サービスの提供において業務提携しました。
これにより、エナジーデバイス環境試験所において、テュフズードジャパン株式会社の協力のもとで国連協定規則「UN ECE-R100. Series2 Part.供彗弍の試験・認証サービスをワンストップで提供することを目指します。


バッテリー安全認証センターのご案内

バッテリー安全認証センター 世界初!バッテリー安全認証センターを開所
プレ試験から本試験、そして認可申請まで完全サポートいたします (国連規則 ECE R100-2.Part供法
開発評価試験や限界試験から規格適合試験まで幅広くサポートいたします。
セルからモジュール、そしてパック電池まで開発の進展にあわせ充実サポートいたします。


  イベント紹介
●2016年の展示会のご案内
 2016年に予定されている展示会のご案内を掲載しています。
 新しい情報は随時更新いたします。ぜひお気軽にお越しください。

 詳しくはこちら

  おすすめの技術書
 

高信頼性接着の実務

 
高信頼性接着の実務  

省エネの要望等から、機器軽量化を目的に、電機製品の素材が、金属からプラスチック樹脂の割合がますます増加しています。それに伴い、接着樹脂が用いられる割合も増加しています。しかし、接着剤は、その材料構成が金属より複雑で、高信頼性接着を実現するためのノウハウが整理された文献は多くありません。著者は、長年、総合電機メーカで、主にインフラ系の製品開発の携われた方です。その際、接着剤を使う立場で、接着の各特性(長所と短所)をどうトレードオフして、高信頼性接着を実現させればよいのか、失敗例も含め、具体的に紹介されています。接着でトラブルが発生した際、参考にしたい図書です。



 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。
○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。
○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード
○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス


new<更新情報>
○エスペックオンラインコンバーター、WEBマネージャー(WMA-STD,WMA-TS,WMA-Multi)のバージョンアップファイルを掲載しました。


<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。
○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)