Test Navi 通信

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


26号 特集:航空機


技術レポート   Technology Report
『航空宇宙用CFRPの信頼性』

東海大学工学部材料科学科教授 西義武氏、富澤雅貴氏
 

航空機用の炭素繊維強化高分子材料(CFRP)は,繊維の束を接着性の高い熱硬化性エポキシ樹脂に埋めて成型している場合が最も多く、さらなる強度増加や信頼性の向上が期待されている。本研究ユニットでもCFRPへの適度な圧力の余荷重効果や、適度な量の低エネルギーの均質電子線照射(HLEBI)効果により、強靭性を高めることを報告している。
そこで、この内容について、CFRPと信頼性を中心に解説する。



製品紹介

恒圧恒温恒湿槽(高度槽)

飛行する高度を想定した気圧と温度変化を再現した試験が可能な装置です。「DO-160」、「ASTM」、「MIL-STD-781」、「MIL-STD-810」、その他

 人や工業製品が遭遇する自然環境の1つに気圧の低い減圧環境があり、おもに2つのシーンが想定されます。
第1は、高高度で運用・保管されることによる減圧環境で、この場合は航空機や人がプラットフォームになる前提で試験のプロファイルを検討します。
第2は、高地や高所で使用することによる減圧環境で、この場合は自動車、人、建物などさまざまなプラットフォームに基づく環境ストレスを想定して、試験のプロファイルを検討します。
今回は、減圧環境に適応した環境試験を実施する場合の参考として、気圧単独の環境試験および気圧と温度・湿度・振動などの複合環境試験規格について紹介します。
(減圧試験・減圧複合試験の規格一覧表を参照)



新機能紹介

パワーサイクル試験装置に構造関数を使った熱解析機能を搭載しました

パワーサイクル試験装置
 

(背景)
近年、車載品をはじめとした消費電力の大きいパワーデバイス、高輝度LED、高性能CPU等、発熱量の大きいデバイスが増加しています。
一般に半導体素子の接合部温度Tjの増加は、寿命の短縮・故障率の増加に繋がります。よって、デバイスあるいはシステムの設計段階から放熱性を考慮した熱設計を行う必要有ります。
そこで、弊社はパワー半導体デバイスの信頼性評価としてパワーサイクル試験装置に熱解析機能を搭載しました。

(熱解析機能)
熱解析機能のパラメーターとして熱抵抗があります。
放熱性向上の熱設計に重要なパラメーターである熱抵抗を計測することで、熱設計の1つの指標に出来ます。
過渡熱抵抗測定の結果を構造関数に変換することで、試料内の各構造部の熱の伝わり易さを傾きで表現します。任意のサイクル毎に
過渡熱抵抗測定を行い、試料内の各構造部の経時劣化を確認できます。
 
(特徴 1)
過渡熱抵抗測定の方法として、加熱法(ダイナミック法)と冷却法(スタティック法)の両方を搭載しており、定常的な熱抵抗の評価や
短時間領域の過渡的な熱抵抗の評価など、それぞれの目的に応じて使い分けることが可能です。

(特徴 2)
パワーサイクル試験中に熱解析機能の実施を組み込むことを可能とし、装置からサンプルの取付け・取り外し作業をすること無く、
連続評価が可能です。



エナジーデバイス環境試験所のご案内

エナジーデバイス環境試験所 世界初!エナジーデバイス環境試験所を開所〜エナジーデバイス(太陽電池、二次電池、パワー半導体)の信頼性試験・安全性試験に特化した受託試験所を宇都宮試験所内に新設しました。発電・蓄電・制御デバイスの全てを評価できる世界初の試験所です。自社開発による最新設備をラインアップし、お客さまのご要望に対応します。


また、新たに開発した製品「二次電池(パック用)外部短絡試験装置」をご紹介しております。
 
テュフズードジャパン株式会社と業務提携
車載用バッテリーパックおよびモジュールならびにエネルギー貯蔵装置に関する安全性試験、試験コンサルティング、認証サービスの提供において業務提携しました。
これにより、エナジーデバイス環境試験所において、テュフズードジャパン株式会社の協力のもとで国連協定規則「UN ECE-R100. Series2 Part.供彗弍の試験・認証サービスをワンストップで提供することを目指します。


バッテリー安全認証センターのご案内

バッテリー安全認証センター 世界初!バッテリー安全認証センターを開所
プレ試験から本試験、そして認可申請まで完全サポートいたします (国連規則 ECE R100-2.Part供法
開発評価試験や限界試験から規格適合試験まで幅広くサポートいたします。
セルからモジュール、そしてパック電池まで開発の進展にあわせ充実サポートいたします。


  イベント紹介
●エスペック信頼性セミナー2015のご報告
 2015年11月11日にエスペック信頼性セミナー2015を開催いたしました。
 多数のご参加をいただきまして、ありがとうございます。
 報告を掲載しておりますので、ご覧ください。

 エスペック信頼性セミナー2015


 

製品会員専用サイトのご紹介

弊社製品をご購入いただき、製品会員専用サイトへご登録いただいたお客様がご利用いただけるサービスです。

<製品会員専用サイトでご利用いただけるサービス>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロード
  ログインした製品の取扱説明書を閲覧することができます。
  対象製品は、PDFファイルをご参照ください。

○PC用アプリケーションソフト(パターンマネージャー Lite)のダウンロード
  プログラムパターンの編集、ログデータのグラフ表示が行えます。

○試験規格の検索により試験条件プログラムパターンのダウンロード

○通信ネットワーク機能の各種アプリケーションソフトのバージョンアップサービス


new<更新情報>
○取扱説明書の閲覧・ダウンロードいただける対象製品が増えました。

○パターンマネージャーLite、エスペックオンラインコンバーターのバージョンアップファイルを掲載しました。

○試験条件プログラムパターンを追加掲載しました。


<ご利用方法>
初めて製品会員専用サイトをご利用いただくには、初期パスワードによるご登録が必要です。
初期パスワードの発行は、下記いづれかの方法でお願いいたします。

○「ご意見・お問合せ」から、ご利用の製品の製造番号をお知らせください。初期パスワードを発行いたします。

○製品により、「製品会員サービス初回ログインご案内」を同梱しているものがあります。
 初期パスワードを予め発行しておりますので、ご案内をご確認ください。

 
製品会員専用サイトにてご利用いただけるサービスは今後拡大してまいります。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)