Test Navi 通信

Test Navi 通信 45号

Test Navi 通信 44号

Test Navi 通信 43号

Test Navi 通信 42号

Test Navi 通信 41号

Test Navi 通信 40号

Test Navi 通信 39号

Test Navi 通信 38号

Test Navi 通信 37号

Test Navi 通信 36号

Test Navi 通信 35号

Test Navi 通信 34号

Test Navi 通信 33号

Test Navi 通信 32号

Test Navi 通信 31号

Test Navi 通信 30号

Test Navi 通信 29号

Test Navi 通信 28号

Test Navi 通信 27号

Test Navi 通信 26号

Test Navi 通信 25号

Test Navi 通信 24号

Test Navi 通信 23号

Test Navi 通信 22号

Test Navi 通信 21号

Test Navi 通信 20号

Test Navi 通信 19号

Test Navi 通信 18号

Test Navi 通信 17号

Test Navi 通信 16号

Test Navi 通信 15号

Test Navi 通信 14号

Test Navi 通信 13号

Test Navi 通信 12号

Test Navi 通信 11号

Test Navi 通信 10号

Test Navi 通信 9号

Test Navi 通信 8号

Test Navi 通信 7号

Test Navi 通信 6号

Test Navi 通信 5号

Test Navi 通信 4号

Test Navi 通信 3号

Test Navi 通信 2号

Test Navi 通信 創刊号


14号 特集:エナジーデバイスの信頼性・安全性

技術解説   Technology Trends
『リチウムイオン二次電池の安全性試験における影響評価』

  河合秀己、奥山新、青木雄一 エスペック株式会社

リチウムイオン二次電池は,スマートフォン,ノートパソコンのなどのバッテリーや電気自動車,蓄電装置など,非常に幅広く使われており,長寿命化・高容量化など研究も盛んになっている.リチウムイオン二次電池が熱暴走すると,最悪の場合,発火・爆発に至る危険があるため,安全性試験ではもちろんのこと,充放電サイクル試験などの性能評価試験においても,安全性には十分に配慮しなくてはならない.本稿では,リチウムイオン二次電池の強制加熱ならびに過充電試験における挙動や熱暴走のプロセスの確認,電池が爆発したときの安全機構の有無による影響の検証,恒温器の安全機能の実施検証結果について述べる.

なお,本文の内容は,日科技連 第42回 信頼性・保全性シンポジウムにて報告した内容を一部追記,再構成したものです.




  イベント紹介

【11・12月開催】
■エスペック信頼性セミナー2012
 主催:エスペック株式会社  会期・会場:    2012年11月26(月) 大阪〔味覚糖UHA館〕
   2012年11月27日(火) 愛知〔刈谷市総合文化センター アイリス〕
   2012年12月7日(金) 東京〔秋葉原UDX THEATER〕
 http://www.test-navi.com/jp/seminar/event/index.php#seminar201211 【12月開催】 ■セミコン ジャパン2012  会場:幕張メッセ  会期:2012年12月5日(水)〜7日(金) 【1月開催】 ■エレクトロテスト ジャパン2013  会場:東京ビッグサイト  会期:2013年1月16日(水)〜18日(金)  http://www.electrotest.jp/ 【2月開催】 ■第4回国際二次電池展    会場:東京ビッグサイト  会期:2013年2月27日(水)〜3月1日(金)  http://www.batteryjapan.jp/


  ケーススタディ

試験の種類や分析事例、故障現象などの要点を素早く知ることができます。
●リチウムイオン電池の試験規格と事例をご紹介します。



新製品紹介

<パワーデバイス評価装置>  

半導体の最新トピックスとしてパワーデバイスの評価が活況です。
エスペックのパワーデバイス関連装置を紹介いたします。

 
 

1.IGBT/パワーmosFET用パワーサイクル試験装置
2.高温逆バイアス試験装置


  おすすめの技術書
 
『電池ハンドブック』著者:電気化学会 電池技術委員会
 
 

省エネ、再生可能エネルギーの活用から、電池の需要が高まっています。本書はリチウムイオン電池や燃料電池など、各種電池の概論、基礎から評価方法まで体系化されており、多くの電池技術者が参照しているバイブル書です。試験技術に関しては安全性と性能評価に関して基礎を学ぶことができます。2010年に最新刊が発行され、近年の内容になっています。各章ごとに短くまとまっており、図表も豊富でポイントがわかりやすく、ハンドブックとしての読みやすさには定評があります。今後も成長が期待される分野ですので多くの方にお勧めできます。


会員登録のご案内※コンテンツの詳細をご覧いただくためには、会員登録の上、ログインが必要です。(登録無料)