信頼性フォーラム

各種イベント紹介

おすすめの技術書

現場で役立つ材料試験 環境試験 試験方法や装置構造をわかりやすく解説 

信頼性物理 物理・化学モデルに基づく信頼性検証技術 

図解 トヨタがやらない仕事、やる仕事

半導体産業のすべて 世界の先端企業から日本メーカーの展望まで 

リチウムイオン電池・全固体電池の材料技術

脱炭素革命への挑戦 世界の潮流と日本の課題 (SDGs時代の環境問題最前線) 

2030年の品質保証: モノづくりからコトづくりへ

電子機器の小型化・高性能化のための部品内蔵基板設計

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

信頼性七つ道具 応用編

トヨタの日常管理板 チームを1枚!で動かす

機械・構造系製品の信頼性

調達品の品質確保 ありたい姿と現実のギャップを埋めるために

Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命

2030年の第4次産業革命

『SDGs経営』 - 創造性とイノベーション -

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生 

なぜなぜ分析 実践編 単行本

バーチャル・エンジニアリング - 周回遅れする日本のものづくり- 単行本 -

雪氷学 大型本

自動車軽量化のための接着接合入門

SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営

失敗学 実践編

Motor Fan illustrated VOL.46−自動車のLIFE−

ボッシュ 自動車・ハンドブック 日本語【第3版

これでわかった!超実践品質工学

トヨタ式未然防止手法GD3―いかに問題を未然に防ぐか

Accelerated Reliability Engineering

HALT, HASS and HASA Explained

絵とき「材料試験」基礎のきそ(Machine Design Series)

トコトンやさしい植物工場の本 (今日からモノ知りシリーズ)

自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション

高信頼性接着の実務

チェンジング・ブルー

ハイブリッド自動車用 リチウムイオン電池

ISO/TS16949入門

SiC/GaNパワー半導体の実装と信頼性評価技術

リチウムイオン電池の高安全・評価技術の最前線

よくわかる医薬品業界

信頼性と安全性

次世代自動車用リチウムイオン電池の設計法

電気化学インピーダンス法(第2版 原理・測定・解析)

エナジーデバイス信頼性試験入門

電池ハンドブック

自動車用大容量二次電池の開発

自動車用リチウムイオン電池

失敗学と創造学 -守りから攻めの品質保証へ-2009年初版 

図解入門よくわかる 最新 信頼性手法の基本2009年初版

図解カーエレクトロニクス(下)要素技術編 

カラー写真で見るマイクロソルダリング
不良解析
2008年初版 

太陽光発電システムの不具合事例ファイル 2010年初版

信頼性七つ道具R7

ベーシックタグチメソッド

はじめての鉛フリー
はんだ付けの信頼性

半導体デバイスの
信頼性技術

デバイス・部品の
故障解析

デバイス・部品の
信頼性試験

プリント基板の試験と
評価

電子部品の信頼性試験

故障をゼロにする
信頼性技術

鉛フリーはんだ技術

フリップチップ技術

電子部品の故障原因と
その対策


おすすめの技術書

  • 信頼性物理 物理・化学モデルに基づく信頼性検証技術


信頼性物理 物理・化学モデルに基づく信頼性検証技術  

著者: 木村 忠正 (監修)
門田 靖 (著)
藤本 直伸 (著)
  ISBN-10 : 4817197595
ISBN-13 : 978-4817197597
定価 5,170円(税込)   ページ数:324ページ
発行月: 2022年5月   日科技連出版社

【 紹介文】

 故障解析や信頼性試験は、半導体デバイス・情報機器・自動車など技術分野毎に特化したノウハウや知識が重要ですが、新しいテクノロジーに対応する際、過去のデータや経験だけでは十分ではないことがあります。そのような場合、故障現象の原理原則に立ち返って考察することで解決の糸口となる可能性があります。
 本書では故障に至る代表的な加速因子として温度、湿度、応力が挙げられ、各因子の物理的意味とそれぞれの故障メカニズムに対する物理的影響、各因子で促進される故障メカニズムを構成する物理的・化学的現象および反応について解説されています。
 信頼性課題を考察する上で参考となる内容で、信頼性技術者だけでなく、研究・開発・設計・製造に携わる技術者にもぜひ読んでいただきたい書籍です。

Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ