信頼性フォーラム

各種イベント紹介

おすすめの技術書

図解 トヨタがやらない仕事、やる仕事 

半導体産業のすべて 世界の先端企業から日本メーカーの展望まで 

リチウムイオン電池・全固体電池の材料技術

脱炭素革命への挑戦 世界の潮流と日本の課題 (SDGs時代の環境問題最前線) 

2030年の品質保証: モノづくりからコトづくりへ

電子機器の小型化・高性能化のための部品内蔵基板設計

2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ

信頼性七つ道具 応用編

トヨタの日常管理板 チームを1枚!で動かす

機械・構造系製品の信頼性

調達品の品質確保 ありたい姿と現実のギャップを埋めるために

Beyond MaaS 日本から始まる新モビリティ革命

2030年の第4次産業革命

『SDGs経営』 - 創造性とイノベーション -

2030 中国自動車強国への戦略 世界を席巻するメガEVメーカーの誕生 

なぜなぜ分析 実践編 単行本

バーチャル・エンジニアリング - 周回遅れする日本のものづくり- 単行本 -

雪氷学 大型本

自動車軽量化のための接着接合入門

SDGsとESG時代の生物多様性・自然資本経営

失敗学 実践編

Motor Fan illustrated VOL.46−自動車のLIFE−

ボッシュ 自動車・ハンドブック 日本語【第3版

これでわかった!超実践品質工学

トヨタ式未然防止手法GD3―いかに問題を未然に防ぐか

Accelerated Reliability Engineering

HALT, HASS and HASA Explained

絵とき「材料試験」基礎のきそ(Machine Design Series)

トコトンやさしい植物工場の本 (今日からモノ知りシリーズ)

自動運転 ライフスタイルから電気自動車まで、すべてを変える破壊的イノベーション

高信頼性接着の実務

チェンジング・ブルー

ハイブリッド自動車用 リチウムイオン電池

ISO/TS16949入門

SiC/GaNパワー半導体の実装と信頼性評価技術

リチウムイオン電池の高安全・評価技術の最前線

よくわかる医薬品業界

信頼性と安全性

次世代自動車用リチウムイオン電池の設計法

電気化学インピーダンス法(第2版 原理・測定・解析)

エナジーデバイス信頼性試験入門

電池ハンドブック

自動車用大容量二次電池の開発

自動車用リチウムイオン電池

失敗学と創造学 -守りから攻めの品質保証へ-2009年初版 

図解入門よくわかる 最新 信頼性手法の基本2009年初版

図解カーエレクトロニクス(下)要素技術編 

カラー写真で見るマイクロソルダリング
不良解析
2008年初版 

太陽光発電システムの不具合事例ファイル 2010年初版

信頼性七つ道具R7

ベーシックタグチメソッド

はじめての鉛フリー
はんだ付けの信頼性

半導体デバイスの
信頼性技術

デバイス・部品の
故障解析

デバイス・部品の
信頼性試験

プリント基板の試験と
評価

電子部品の信頼性試験

故障をゼロにする
信頼性技術

鉛フリーはんだ技術

フリップチップ技術

電子部品の故障原因と
その対策


おすすめの技術書

  • 2030年の品質保証: モノづくりからコトづくりへ


2030年の品質保証: モノづくりからコトづくりへ  

著者: 細見純子   ISBN-10 : 4817197439
ISBN-13 : 978-4817197436
定価 1,980円(税込)   ページ数:139ページ
発行月: 2021年10月   日科技連出版社

【 紹介文】

 ダイナミックに産業構造が変化している中、従来の「モノづくり」(例えば車の製造)から、「コトづくり」の提供へ産業が移行していくと予測し、品質保証の在り方を提言している。
 「コトづくり」とは、自動車業界であればモノ=車の提供から、例えば移動の目的である「コト」(体験)を実現する、すべての手段と目的をワンストップで提供するプラットフォームの提供などを指す。顧客の「コト」=体験の満足度は、機器の性能に加え、例えば「感情的価値」の視点が必要で、その面での品質保証が必要であると提言している。
 製造業に携わるメーカは、自らの産業に照らし合わせ、「コト(サービス)」とは何かを考え、事業化の実践し、品質保証はどうあるべきか、検討すべき時期がきている。

Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ