Test Navi Report

 

Abstract
本報では、自動車における信頼性保証活動と信頼性試験の現状と方向性について紹介する。

  詳細を見る

Abstract
本稿ではJISSの概要と、JISSがもつ独自性の一つである低酸素環境室について、設計から施工に至る過程と、出来上がった施設の運用仕様について紹介する。

  詳細を見る

Abstract
ウェーハバーンイン(WLBI :Wafer Level Burn-In)は、KGD(Known Good Die)の確保と増大するテストコストの削減のための最も有効な手段として関心が高い。ウェーハバーンインの最新動向と、従来装置の4倍の処理能力である256ダイ同時バーンインが可能な装置を今回開発したので紹介する。

  詳細を見る詳細を見る

Abstract
GATT/TBT協定による国際間の商取引に関して国際単位(SI)が採用され、度量衡制度が 2000年1月より完全実施となり、国際取引が活発になってきた。このため、共通の言葉としてのデータの信頼性が重要視され、国際相互承認が進んできた。このような背景の下で、JIS Q 9001:2000(ISO 9001:2000)が2000年12月に制定された。また、JIS Q 17025(ISO/IEC 17025)「試験所および校正機関の能力に関する一般要求事項」が2000年6月に制定され、トレーサビリティ制度の確立が強く求められている。今後、企業内での体制を確立し、計測、トレーサビリティについての信頼性確保について、信頼性に関わる信頼性専門家の役割が重要性を増してきた。以下、これらについて述べてみる。

  詳細を見る詳細を見る

Abstract
日本でたんすが作られたのは江戸時代の中頃(約300年前)だといわれている。現在では、洋だんすがたんすの主流になっているが、日本の桐たんすはその軽さと機能性から人々に受け入れられている。今回は、桐たんすの持つ機能のうち、調湿特性について科学的に解析してみた。

  詳細を見る

Abstract
1999年7月30日〜8月1日の3日間、“'99 World Solar Car Rally”が秋田県の大潟村で開催された。この大会は、大潟村に作られた1周31.256辧巾員7mの多目的スポーツ専用コースで3日間にわたり行われる、国内最大の過酷なソーラーカーレースである。今回、ソーラーカーの製作とレース運営においてタバイエスペック株式会社の協力を得て、高校生が自分達の手でソーラーカー「UK・ESPEC」号を製作し、本大会に出場した。このレポートは、その車両と大会での結果をまとめたものである。

  詳細を見る

Abstract
平成11 年3 月、弊社が鹿児島県鹿屋市の鹿屋体育大学スポーツトレーニング教育研究センターにトレーニング環境シミュレータを納入した。本報告では、トレーニング環境シミュレータの概要とそれに採用した酸素濃度制御システムについて紹介する。

  詳細を見る

Abstract
人体に害のある重金属、発ガン性やホルモン様作用を有する疑いのある物質による、土壌や地下水の汚染が増えている。汚染は、操業中の工場周辺ばかりでなく、住宅密集地帯にも広がっている。汚染防止のための技術がさまざま開発されているが、原位置処理が可能な技術ということで注目されているのが、微生物を用いた浄化技術である。最近の汚染物質についても若干触れながら、微生物を用いた浄化技術の基本的な事項についてまとめてみた。

  詳細を見る

Abstract
タバイエスペックは、「緑」つまり森の再生が自然環境の回復を図る大きな役割を果たすと考え、固有技術である環境制御技術をベースに、森を再生する樹木苗の生産技術開発に取り組んでいる。本稿では照葉樹に焦点を当て、その特徴や苗の生産技術について基礎的な内容を紹介する。

  詳細を見る

Abstract
ウェハバーンインは、半導体製造におけるKGD(Known Good Die)の要求とバーンインコストの削減に対する最も有効な手段として注目されている。ウェハバーンインの利点と課題について解説すると共に、弊社の開発したウェハバーンインシステムを紹介する。

  詳細を見る詳細を見る

上の文書ををご覧になる場合は、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてからご覧下さい。
(右のボタンをクリックしてダウンロードすることができます)

Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ