Test Navi Report

Abstract
環境試験器における保全性について、予防保全、事後保全および予知保全に分け、当社の取り組みについて紹介する。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
環境試験の歴史を信頼性分野の発展段階を追って、1940年代「黎明期」、1950年代「確立期」、1960年代「発展期」、1970年代「展開期」、1980年代「成熟期から転換期へ」、1990年代以降「グローバル社会システムへの対応」、に分けて世界および日本の経緯をまとめた。また、エスペックの環境試験分野の活動と製品の経緯も記した。近代的な環境試験技術は第2次世界大戦の始まりとともに信頼性試験の技術として求められ、信頼性の発展にあわせて成長してきた。最近では信頼性技術が国際的な品質保証システムの検証・妥当性確認の手段となり、環境試験もその役割の重要性が増してきている。また環境、安全などの国際的な社会的システムへの適合も進められている。

  詳細を見る

Abstract
今回は、信頼性分野の一端に携わっている我々自身の勝手な思い込みや、いろいろな状況の見落としによって生じた失敗談を織り交ぜてご参考に供し、このシリーズの締めくくりとしたいと思います。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
今回は、環境試験を運用していくためのポイントを述べていくことにします。試験実施上、見落としやすい事項についてのみまとめました。抽象的な表現が多く出てきますが、読者の立場からの具体的な類推をお願いします。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
今回は、前回の続きです。いよいよ環境試験の組み立てに関するポイントです。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
今回から4回にわたって、難しい事項を抜きにして、気軽に読んでいただけるよう表題の記事を作ることにしました。気楽といっても、あまり崩れると読者の方にしかられますので、「やさしくあり、むずかしくもあり」のレベルで、かつコラム風に。なお、話は、あっちへ飛んだり、こっちへ飛んだりしますが、まずは読んでみてください。後は皆様の受け取り方、読み取り方にお任せします。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
連載の最終回である本稿では、公的な環境試験規格の中で代表的な位置にあるIEC規格に基づいて、規格運用上の要点についてまとめた。IEC規格は、米軍用規格であるMIL規格の新規開発が取りやめられた現状にあっては、電気・電子分野における公的な国際規格として、今後益々その地位を高めていくことになるであろう。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
このシリーズの最終回として、環境試験を効果的に実施するためのいくつかの参考事項を述べておきたい。雑多な内容となることについてはご了解願いたい。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
これまでは、規格作成の過程を形どおりになぞらえてきた。そこで今回は、規格に基づいた試験法の特質とその合理的な活用のヒントとなるべき事項、環境分類の概略を解説する。また最後に、筆者が、IEC TC-104 において規格原案作成に携わってきた経験をもとに、少々の雑感を述べることにする。

  詳細を見る 詳細を見る

Abstract
今回は、公的な環境試験規格に関する諸事項について解説しよう。ここでは、IEC を例題として、その組織や試験規格の制定までの過程、規格の特質、活用、そして環境の分類の概略を取り上げる。個々の規格の内容には触れないが、試験規格がどのようにして作成されるかの過程を知ることで、試験規格をどのように活用すれば有効であるかを考えるための一助になれば幸いである。

  詳細を見る 詳細を見る

上の文書ををご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロードしてからご覧下さい。
(右のボタンをクリックしてダウンロードすることができます)

Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ