Test Navi Report

エスペック技術情報
『Test Navi Report』 最新号 No.38 (通巻111号)

現場で役立つ信頼性技術(後編)

(元パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステム社(AIS社)インダストリアル品質保証センター長)
IGQクリニック 石川 保


 最近の日本での信頼性問題状況を見るとISO60050での「総合信頼性」に絡む問題やバスタブカーブでの信頼性改善活動に絡む問題などが散見される。本稿では、日本の製造メーカでの信頼性設計〜評価〜保証活動の現場で何が起きているか、欧米/中国メーカとの違いは何か などを具体的な内容4件((1)質的加速試験は日本で根付くか? (2)特異故障現象は撲滅されたか? (3)システム信頼性とIoT技術との関係 (4)欧米や中国の現場での信頼性技術進展と日本)に絞って「現場で役立つ信頼性技術」の観点から述べる。
 2017年〜2018年にかけて、様々な品質/信頼性問題が発生している。下記にその中の2件の内容を信頼性技術に関係して紹介するが、今、日本の製造業の現場で何が起きているのかを信頼性に関係して今後の動きも含めて、2回にわたり取り上げてみたい。本レポートは後編である。 


Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ

エスペック技術情報 『Test Navi Report』 最新号 No.38 (通巻111号)