Test Navi Report

エスペック技術情報
『Test Navi Report』 最新号 No.36 (通巻104号)

車載機器の水はねによる耐性を評価するスプラッシュウォーター試験装置の開発

エスペック株式会社 開発本部  榎 浩之、田中 秀樹、梁井 誠


 車載機器の使用環境による信頼性上の課題として、エンクロージャーの保護構造がある。特に、高密度実装化された車載実装基板では、エンクロージャー内への水の侵入はその信頼性を考えるうえで重要となる。その環境試験の一つとして、自動車関連規格や国際規格等にスプラッシュウォーター(水はね)試験がある。高温さらしと冷水の散水を100サイクル行う試験で、従来は恒温器と散水装置間の供試体の移動(転移)を人手で行っていた。本開発では一体化したことで試験の再現性を確保するとともに、高温さらしと散水のサイクルを自動化し試験期間の短縮を図った。本報告では、その試験装置の概要と試験規格に基づいた確認を行ったので報告する。
 なお、本文の内容は、2017年8月エレクトロニクス実装学会主催「第27回マイクロエレクトロニクスシンポジウム 秋季大会(MES2017)」にて報告した内容を一部追記、再構成したものである。 


Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ

エスペック技術情報 『Test Navi Report』 最新号 No.36 (通巻104号)