Test Navi Report

エスペック技術情報
『Test Navi Report』 最新号 No.33 (通巻98号)

自動運転による自動車業界のパラダイムシフト

エスペック株式会社 上席顧問 名古屋大学 未来社会創造機構 客員教授 佐藤 登


 自動車業界に大きな旋風を巻き起こしているのが電動化と自動運転である。電動化では1990年以降、日本が先陣を切って開発から事業化を進め世界をリードしてきた。一方、自動運転では日本勢の優位性が確保されているとは言い難い。現在、ドイツ勢は自動運転の技術開発や法整備、インフラ構築の面でひときわ存在感が大きくなっている。2020年以降は完全自動運転が実現されようとする中、日本勢も積極果敢な開発スピードの強化や法整備、国際標準取得において後れをとるわけにはいかない。  


Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ

エスペック技術情報 『Test Navi Report』 最新号 No.33 (通巻98号)