Test Navi Report

エスペック技術情報
『Test Navi Report』 No.7 (通巻64号)

伝熱解析の基礎(前編)

広島国際大学 工学部 教授 大串 哲朗


 「伝熱解析の基礎」として、設計開発に携わる技術者が、是非知って欲しい伝熱の基礎的な事柄を紹介します。「伝熱解析」の基礎として、熱とは何か、伝熱現象がいかに人間にとって身近なものであるか、熱力学の基本法則、伝熱の3要素、これらの3要素における熱抵抗、これらの熱抵抗を使用した回路網の考え方について述べ、またいくつか計算例を示します。


[技術レポート] 実装状態の伝熱特性評価を目的とした熱特性評価システム

エスペック株式会社 開発本部 平田拓哉、田中浩和


 電子機器の発熱量が増加しており、その熱設計や熱対策は重要な課題となっています。そこで、導電性接着剤などの熱伝導材料に対応した熱特性評価システムを開発しました。この測定技術は、定常法を基本とし実装状態を反映した伝熱特性を評価できる特長があります。すなわち、従来のバルクの熱伝導率測定では考慮されていない、導電性接着剤と被着材との界面の熱抵抗を含む有効熱伝導率や熱抵抗を測定することができます。開発した装置の概要と測定事例を紹介します。


[技術解説・動向] 環境試験装置における情報通信技術の活用

エスペック株式会社 アフターサービス推進本部 大原 智宏


 近年の情報通信技術の発展は目覚しく、環境試験装置の周辺についても対応が必要となってきています。昨今の機密情報漏洩など、情報管理やネットワーク管理に関しては更なるセキュリティの徹底が必要となってきており、一層の効率化・省力化を求められる状況においては、情報通信技術の活用、惹いてはネットワークの活用が必須となるものと考えられます。環境試験装置の使用目的別に情報通信技術活用の動向について紹介します。


Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ

エスペック技術情報 『Test Navi Report』 No.7 (通巻64号)