加速試験理論

-電気・電子機器および部品の場合-

 

部品や材料に対する信頼度を向上させる努力が続けられている結果、高信頼性の各種製品が数多く誕生しています。そのため故障発生の機会が減少するにつけ、具体的な信頼度を評価するような試験は非常に長い時間を要するようになりました。より短時間で有効な結果が得られる評価試験、すなわち加速試験が望まれています。ところが加速試験とは単にストレスを強くし、時間を短縮できれば良いとするものでなく、またオールマイティーでもないのです。このことを理解してこの手法を活用するのと、そうでない場合とでは信頼性評価の結果に雲泥の差が生じることになります。
ここでは、電気・電子機器および部品を例に、加速試験の概要と考え方についてわかりやすく解説します。

 

温度・湿度に関係ある物理・化学の知っておいて無駄にならない基礎知識(前編)

 

この技術解説のねらいは、電気・電子工業分野の信頼性あるいは品質管理業務に既に携わっている、あるいはこれから携わろうとされるかたがたを対象として、既知の基礎事項の整理と、願わくば現在多用されています実際の環境試験、次の環境試験の企画、さらには新たな試験方法の開発に結びつくためのヒントとなればと願うところにあります。この趣旨から、なるべくあらゆる試験方法に共通する内容を取り上げて解説しています。

 

温度・湿度に関係ある物理・化学の知っておいて無駄にならない基礎知識(後編)

 

本編は、環境試験を終了した後のデータ解析や故障解析等の際に必要とされる「活性化状態」や「活性化エネルギー」について詳しく解説します。

 

Test Naviに関するご意見・お問合せはこちら

お問合せ